無料ブログはココログ

関連サイト

トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

「京都の精神」 梅棹忠夫 角川書店 1987

Kyoutono 比較文化論、文化人類学の重鎮である梅棹忠夫の京都に関する講演を集めた本。梅棹は、京都生まれ京都育ちで、京大人文研出身。
講演が行われた時期、状況、演題もまちまちであるため、内容に重複がある一方で統一感に欠けるのは致し方が無いだろう。もとは、「梅棹忠夫の京都案内」(角川書店)と一書にして刊行予定だったそうなので、そちらもそのうち読まねばならないと思う。

本書は、「京都の人の中華思想」について語るところから始まる。これは入江敦彦の「京都人だけが知っている」と同じである。
しかし、読み進めてきてわかった。私が甘かったと。
全部が京都で行われた講演であるということもあるのだろう、梅棹の筆(口)は入江のはるか上を行っているのだ。

「私ども京都市民は、ここが日本の中心である、日本文化の本物は全部ここにある、ほかのものは偽者とはいわないまでも、二流品だと考えてまいりました」
「どうも京都を見返すというのが日本人の原動力になっているような気がする。それの拠点が東京なんです。東京というものは、京都を見返すために作った都である。どうもそんな感じがするんです」
「この京都という都市には、こういういいかたはおかしいかもしれませんが、わたしのような先祖代々の純系の市民、いわば京都サラブレッドとも言うべき中核的市民層、市民団ですね、それがかっちり存在する。彼らがこのまちの文化を支えてきた、あるいは文化を守ってきた」

江戸、京都、大坂の三都比較論に関して
「京都人はそういうことをいっさいやらない。江戸や大坂など初めから比較の対象にならないわけです。全部、本当はここがいちばんいい。初めから決まっているんだ。」

古都保存法が、京都と奈良と鎌倉に適応されたことに関して
「京都を「古都」とはどういうことか。奈良が古都と言うのはわかる。しかし京都は古都ではない。百万を超える人口をかかえ、近代的変革ととげ、日々発展しつつある都市なのだ。それにむかって「古都」とはなにごとぞ。とまず思ったのです。くわえて鎌倉もこの「古都」の仲間いりをするとしって、これまたびっくりしました。(中略) 京都を鎌倉のような、一時期幕府所在地であったに過ぎない都市と一緒にしてもらっては困る」

入江敦彦は、京都人が「よそさん」に対してとる行動は、外部からの侵入者(支配者)に対して身を守るために自然に身につけてきた処世術であるという。
しかし、梅棹はもっと単純である。
「京都は日本ではないということなんです。(中略) 日本の美学は武家の美学であって、封建美学である。京都はそういうものが欠落したまちですね。(中略) 結局日本という国は京都対非京都の対立構造になっている。そして、地方はすべてかぎりなく京都に接近することをもって目標としながら、しかも全部反京都であるということです」

この本に収録された講演の多くは、都市としての京都を考えるシンポジウムの中で行われた。梅棹忠夫は京都に関して次のような認識を持っている。
・京都は今も昔も日本の文化的中心である
・京都は今も日本の首都である と京都人は思ってるが、現実はそうではない
・現在の京都は近代的な大都市である、しかし近代都市としての京都は衰退気味である
・文化的に日本の中心であり続け、且つ近代都市としても発展していくのが京都の本来の姿である

こういうことを語る梅棹は、私には、郷土愛に燃える一市民にしか見えない。「郷土」なんて言葉をつかったら「京都を“郷土”とはなにごとぞ!」と一喝されてしまうだろうが・・・
梅棹は上記の目標を実現するため、「文化首都」とか「儀典都市」などを提唱するのだが、結局のところ次の「切り札」を言い出してしまうのだ。

・天皇に京都に戻っていただき、首都を京都にする。

京都が一番でないと気がすまないという強い意志は感じられる。
巻末に「私家版 京都小事典」がついており、こちらのほうが読み物としては面白い。京都検定を受験する人も是非どうぞ。

京都魔界案内 小松和彦 光文社知恵の森文庫

著者は、民俗宗教、呪術、妖怪、シャーマニズムなどをキーワードに社会や歴史の形成を解き明かす民俗学Makai 者。京都検定の副読本のつもりで手に取ったのだが、読後感は「必読書」。

京都育ちではない私には、教本で知識だけ取り込んでもいまひとつ実感がわかないことも多い。
例を挙げると、検定の教本には、現在の八坂神社は昔は祇園社と呼ばれていたと書いてある。八坂神社が祭る神は牛頭天王で、牛頭天王は祇園精舎の守護神である。
フムフムなるほどこれで一連の名前に納得がいく、八坂神社→祇園社→祇園精舎→牛頭天王というわけだ。
しかし、この本を読むと八坂神社が何故そこにあるのかもっと深い意味があるのがわかる。
都というところは権力と人間が集まるところであり、同時に怨霊や物の怪も寄ってくるところなのだ。
学者が書いた本だけあって出典が逐一示してあるのもうれしい。物語文学への興味もそそられる本だ。

「京都人だけが知っている」 入江敦彦 洋泉社新書 2001

6b4ec88288e57d199d70d826364100df 本書は生粋の京都人を自認する著者が、京都人が決して口にしない不文律も含めて京都の真の姿を紹介する、というやや挑戦的な本だ。
冒頭でいきなり著者は書く。京都人以外の人が書いた京都に関する本は、どうにもこうにも的外れで、例えれば、「群盲、象を撫でる」状態だと。
著者によると京都人の心には、部外者を排除はしないが、京都人とは明確に区別し、一種独特の対応をする心性が根底にあるらしい。そしてそれは常に外部から来る野蛮人に侵略されてきた京都の歴史が培ったものだという。
攻撃的な表現も躊躇なく書く人なので、読んでいて怖くなる人(京都の人も含めて)もいるかも知れないが、私はむしろ潔さを感じる。過激な内容の一方で、各項目の京都の紹介も具体的であり、ガイドブックの役割もきちんと果たす。

著者は、現在ロンドン在住の文筆家だが、京都の西陣に育ち多摩美の染織科を出たということもあって、着物に対しても思い入れがあるのだろう。「きもの」の項でも歯に衣着せずズバッと切り込む表現がけっこう痛快だ。

「呉服屋も生産側もキモノ業者は当然キモノを売りたいから「キモノは難しくない」と言う。が、そんなのは嘘だ。キモノを着こなすには規則性を理解するための時間と体で覚えるための投資が必要だ。キモノほど難しい衣装はない。」

(西陣織物会館が開発した簡易キモノに関して)
「キモノに憧れる誰がそんなキモノモドキを喜ぶものか。それより売っている和装土産物のお粗末さをなんとかせいと思う。」

「不振のキモノ業界にあってアンティークキモノだけが元気だ。なぜなら古着の装いはコスプレだからである。それは“虚の衣装”。キモノごっこ、である。なればこそ着こなせるまでの時間を必要としない。着こなす必要もない。似合っているに越したことはないが、自分さえ満足できればいいのだから気楽なものである。」
などなど。

著者は、京都人以外の「よそさん」が京都の法則に直面したときの態度は「無視」か「迎合」か「反撥」かに分けられるという。
しかし本当にそうだろうか? 例えば東北の山奥で育った私にとって京都はもはや外国のような存在だ。ゆえに「関心」と「感心」が私の京都に対する態度である。
この本を読むと、京都人が世界の中心が京都であると思っていることが良くわかる。

「京都魔界案内」が歴史と伝承を軸とした闇の京都案内だとしたら、本書は「京都人の心」をキーワードとした裏京都ガイドである。読む人を選ぶ本だと思うが、ある意味で「最強の実用書」であると思う。

2006年7月30日 (日)

「詳説 日本史研究」

Nihonsikenkyuu 歴史検定の試験勉強には、高校の歴史教科書が推奨されているが、私は注文する時期を逸してしまった。
そこで、山川出版社の「詳説 日本史研究」を購入。値段は教科書の三倍だが、多色刷りの図版も多く納得のいく本である。

歴史能力検定

歴史専門出版社の山川出版社と資格試験学校大手のLECが主催している試験に「歴史能力検定」がある。このところの検定試験ブームと日本文化見直しの流れの中で、着実に受験者を増やしている検定の一つである。京都検定の学習ではどうしても歴史を事が必要であり、それなら歴史検定も受験してしまおうかと思っている。しかし、今年の冬の検定試験はともに12月10日。同じ日なのである。来年もそうなのだろうか?

京都市地図(昭文社)

京都検定のために地図を買った。Kyoutomaps

勉強の方法というのはひとそれぞれであると思うが、私は全体を俯瞰できる分類表や年表や地図がないとだめなタイプである。公認テキストにも巻末に地図がついているが殆ど役にたたない。

そこで、昭文社の京都市地図を買ってみたのだが、これが大正解。地図が二枚跛入っており、合計4面ある。京都近郊地図、京都市全図、京都市中心部地図、京都市観光地図の4種類。観光地地図には簡単な解説もあってこれだけでも十分使える。

図説 歴史で読み解く京都の地理 青春出版社 1050円

Rekisideyomitokukyouto 京都の地理をテーマ別に紹介した本。B5版で丁度よい大きさ。とても読みやすい本で値段も手ごろだ。

2006年7月29日 (土)

京都きものマップ

京都旅行で大活躍するのがこの「京都きものマップ」。000b0a804a5efec6972e2b5ab2ff4571_s

書店では売っていない。京都在住の「フー」さんと言う方が個人的に作っていて、メールでお願いしダウンロードさせていただくのだ。それを妻が製本したのがこれ >

きれいに整理された使い勝手のよい地図で、お店の寸評も的確。フーさんは「きもの真楽」にも登録されているので、きもの好きの間では結構有名な地図の様だ。

内容を増補して近々書籍としても出版されるらしい。とても楽しみである。

偏差値40からの京都検定

2004年から始まった京都観光文化検定試験(京都検定)は2005年の受験者が一万人を超えたそうだ。Kyoutokennteitext
京都の書店でも特別の販売所が設けられ、さらに人気がでる雰囲気である。
昨年の10月の京都旅行 で歴史や地理の知識のなさを実感し少しは勉強してみようという気になった。
京都検定は試験場が京都のみなので受験する機会があるとすればずいぶん先になるが、とりあえずは淡交社の公認教科書を読むこととした。
カラーページの少ない無味乾燥な本だが、さすがにまとまっており便利な本である。

和文化を学ぶ

物心ついたときには、ハウスメーカーが作る和風とも洋風ともいえない家に住み、和食、洋食、和風洋食、中華料理、ジャンクフードなどいろいろなものを食べ、洋服や洋服由来の簡易服などを身につけていた私だ。

私達はもう半分欧米人になってしまっているといっても過言ではない。しかし、逆に言うと日本の文化を新鮮な目で楽しむことが出来るといえなくもないのだ。伝統的な和文化といっても、日本画・邦楽などの芸術系、歌舞伎・能・舞踊などの芸能系、茶道・華道などの稽古事、和歌・俳句などの文学系、剣術・柔術などの武道系などいろいろある。

しかし、私は習いごとが性に合わず、また稽古をつけて貰う時間もない。そこで考えたのが最近ブームとなっている検定。これを目指すことでまず大雑把な理解を得ようと思っている。なんといっても電車の中で学習できるのがよいのだ。

まずは歴史検定(日本史)の受験を考えています。

2006年7月28日 (金)

管理人

関東在住の中年男性。

和服を着初めたのをきっかけに和文化に親しむ機会が多くなり、日本の文化に関して何も知らない自分に愕然となる。

マイペースで和文化を学んでいくことを決意。

歴史検定、京都検定、江戸文化歴史検定などの合格を目指します。

トップページ | 2006年8月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31