無料ブログはココログ

関連サイト

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月20日 (火)

日本の意匠

日本人は簡素で機能的で小さいものを好む。よく言われることであるが、これに関してやっぱりそうだと思うときと、いやいやそうではないと考えるときがある。しかし、大むね当たっているのだろう。

NHKで放送された「夢の美術館 世界の工芸100選」という番組を見たのだが、外国の工芸はいわば足し算/掛け算の文化である。これでもかと言うぐらいの金銀宝石の物量攻撃なのである。

一方日本の工芸は、「すきま」「間」「あそび」といったものを大事にする引き算文化だ。

わたし好みのデザイン和もの百選 Book わたし好みのデザイン和もの百選

著者:裏地 桂子
販売元:ラトルズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本は、ハイアットリージェンシー京都内にある「セレクトショップ京」のスタッフが書いたもの。店のカタログとだいぶ重なる部分も多いのだが、日本的な意匠って良いなと感じさせる良品ばかりを紹介している。眺めているとどれもほしくなってしまうのだ。

2007年2月16日 (金)

江戸府内絵本風俗往来

江戸府内絵本風俗往来 Book 江戸府内絵本風俗往来

著者:菊池 貴一郎
販売元:青蛙房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こちらの本は、明治時代に出版された本。四代目広重をなのる著者が、豊富な挿絵とともに江戸の風俗を小窩いたもの。

この本も歳時記形式で、江戸人の一年の暮らしについて詳細に記録してある。

2007年2月 9日 (金)

『おうち歳時記』

最近ブームとなっている各種検定を中心に和文化への自分なりの接近方法を紹介している本ブログであるが、一番お世話になっている本の紹介を忘れていた。

和の暮らしが楽しい!おうち歳時記―毎日をハッピーに楽しく暮らすアイデアがいっぱい! Book 和の暮らしが楽しい!おうち歳時記―毎日をハッピーに楽しく暮らすアイデアがいっぱい!

著者:中西 利恵,伊藤 美樹
販売元:成美堂出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本の年中行事や季節のしきたりなどを可愛らしいイラストとともにわかりやすく紹介した本。
正月や節分など一見良く知っていると思っている行事の由来を理解したり、二十四節気をはじめとする支那文化の伝統を知ったり、現代風の和のしつらいを教えてもらったり・・・・・
いわゆるムック本に類する本なのに実に奥が深いのである。

一家に一冊。のお勧め本です。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31