無料ブログはココログ

関連サイト

« 江戸府内絵本風俗往来 | トップページ | 『図説 地図とあらすじで読む歴史の名著』  »

2007年2月20日 (火)

日本の意匠

日本人は簡素で機能的で小さいものを好む。よく言われることであるが、これに関してやっぱりそうだと思うときと、いやいやそうではないと考えるときがある。しかし、大むね当たっているのだろう。

NHKで放送された「夢の美術館 世界の工芸100選」という番組を見たのだが、外国の工芸はいわば足し算/掛け算の文化である。これでもかと言うぐらいの金銀宝石の物量攻撃なのである。

一方日本の工芸は、「すきま」「間」「あそび」といったものを大事にする引き算文化だ。

わたし好みのデザイン和もの百選 Book わたし好みのデザイン和もの百選

著者:裏地 桂子
販売元:ラトルズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本は、ハイアットリージェンシー京都内にある「セレクトショップ京」のスタッフが書いたもの。店のカタログとだいぶ重なる部分も多いのだが、日本的な意匠って良いなと感じさせる良品ばかりを紹介している。眺めているとどれもほしくなってしまうのだ。

« 江戸府内絵本風俗往来 | トップページ | 『図説 地図とあらすじで読む歴史の名著』  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136337/5418521

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の意匠:

» ステンドグラス教室について [ステンドグラスの教室について]
ステンドグラスの教室について紹介しています。ステンドグラスは個人で勉強しようと思ってもなかなか難しいものです。当サイトでは、一から教えてくれる教室やスクールについて紹介していますので、ぜひ参考にしていってくださいね。 [続きを読む]

« 江戸府内絵本風俗往来 | トップページ | 『図説 地図とあらすじで読む歴史の名著』  »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31