無料ブログはココログ

関連サイト

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月 6日 (土)

『大江戸生活体験事情』

Book1 『大江戸生活体験事情』  田中優子・石川英輔 共著

江戸時代の生活や時代考証を扱った本は数多くあるが、本書は江戸時代の生活を実際に体験してみるという面白い企画。エネルギに関する話が多いのは、そもそもが電力会社のPR誌の連載であったという事情も関連している。

そういった事情を考慮しても、江戸の生活とは、自然のリズムにうまく合わせつつ、便利な生活をするために編み出された智恵を体験することでもある。これは莫大なエネルギーを使用して環境そのものをつくりかえる現代への批判でもある。作家の石川英輔が理屈っぽく、学者の田中裕子が詩情的に表現しているのがとても面白い。

内容

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

知識はエネルギー       石川英輔・田中優子

時刻がうみだすエネルギー  石川英輔

天体の動きで生きる快適さ  田中優子

昔のこよみによる生活      石川英輔

旧暦を楽しく使う方        田中優子

火打ち石で火を付ける      石川英輔

火打ち石の体験          田中優子

行灯の暮らし            石川英輔

行灯でものを見ると         田中優子

書くこととその道具         田中優子

文字を面白がる           田中優子

着物での暮らし           田中優子

着物と洋服のエネルギー   石川英輔

木製品を使う             石川英輔

下駄を履く               田中優子

いろいろな木製品を使う     田中優子

親孝行とエネルギー      石川英輔

終章                    石川英輔・田中優子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31